読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニワトリとタマゴ 重箱の隅の戦い

重箱の隅をつつくような、どうでもよさそうな細かい話やネタ話。おもいついたら即暴走。

重箱の隅

「はださむい」と「はだざむい」はどっちが正しい?

「かけぶとん」に「かけふとん」、「いなりずし」に「いなりすし」。不思議一杯な現代の発音事情。

工事現場の看板から「ご迷惑をおかけしてます」感が感じられない件

工事現場の絵に思う重箱の隅ネタ。

「老害化」へ至る道筋の観察

ドラえもん、ラノベ、ネトゲから見える「老害化」観測。

さり気なく許諾を取ってパ○リサイトを作成?

こんばんは、今日もジャブローは湿度が高いです。暑いですぬ・・・ 今日はサボろうと思ってた急ぎで書いたので絵も写真もありません。 始めた頃の超電波ブログみたい。 最近食べ物系ブログのコメント欄で営業かけてる方がいるようないないような。綺麗な写真と…

バラエティ番組のワイプとスタジオの存在価値

重箱の隅をつつくような文句の多い電波記事でございます。結構電波度高いかも! テレビのバラエティ番組です。滅多に見ないので偉そうなこと言えないですけど、 視聴者=お客様 ということで図に乗ります。自らお客様名乗っちゃうと、限りなくクレーマーちっ…

横綱に「品格」を求める相撲協会や関係者に「品格」が無い件

大相撲の話です。もうそろそろ千秋楽。これ書いてる時点では白鵬2敗で優勝の行方が気になるところです。そんな渦中において、協会関係者やメディアの「よくある発言」が、気になって仕方ない今日この頃です。例によって重箱の隅人間だからかもですけど。

猪突猛進な自転車さん達

僕は基本的に自転車に乗らず、歩き派です。腕ブンブン振っての「ウォーキング」はしてないですが。そこまでするなら走ります(あくまで僕の場合の話です)。駅前は自転車止めづらいので、徒歩の方が気楽なんですよね。バス使う程の距離でも無いし、昔は毎日10k…

謝罪会見の定番「ご心配とご迷惑」

久しぶりの電波記事でございます。超偉そうですいませんすいません。自分のこと棚にあげるの世界一得意です。 先日、東京MXテレビがドローンを英国大使館に落とした時の謝罪会見。 「ご心配とご迷惑をおかけしまして、大変申し訳ありませんでした」 録音した…

NHKの詐欺被害注意コーナーが胡散臭い件

夕食事時にたまに目にするNHKのニュース番組のコーナー。「STOP詐欺被害私はだまされない」でしたっけ。見るたびにこのタイトルが気になります。 こんな感じのコーナー。このキャスターさん、どことなくビジュアルが小保方サンに似てる気がするのって僕だけ…

公衆電話に置いていかれた財布達

今のご時世、家にスマホやケータイ忘れていった時以外に、あまりお世話になることのない公衆電話です。昭和の刑事ドラマといえば公衆電話に10円玉、そして通話が切れた後の受話器に向かって「もしもし、もしもーーし!!」と叫び続けるのがナウでヤングな演…

秒刻みだと現実味が増す残り時間の恐怖

初めて日曜日以外の更新をサボってしまいました、珍しく忙しかったです。更新少ない方が世の為かもしれませんが力の限り電波飛ばし続けますすいません。 そんな忙しい中で思い浮かんだのが、この時間の話です。意味合いはほとんど変わらないにも関わらず、あ…

豊洲駅のゆりかもめのレール先端の謎

豊洲駅、ゆりかもめの始発駅です。ここからゆりかもめの軌道を見てみたら、面白いことに気づきました。地元の方ならみんな知ってそうですけど、地方の残念生物なので多めにみてやってください。

「当たり前」と化している電気の安全性

コンセントにプラグを挿すだけでお手軽に使える電化製品。電気様にできぬことなど無いといった勢いの便利さ、万能さです。しかも直接火を使わないので安全この上ない・・・といった認識が多いと思います。 けれども実際は、電気は扱いを誤ると非常に危険です…

「コストパフォーマンス」の最大の恩恵は心の満足度

性能いいけど高いPC、とっても美味しいけど高い食品。コストは二の次、優先事項は「絶対的に価値の高い品の追求」。場合によっては必要なことですが、ケチな僕は滅多にしません。

同音異義語が引き起こした笑いのダムの決壊危機

会話の最中、同音異義語により意味を取り違えてしまうこと、たまにあります。大抵は会話の不自然さに気づき、正しい方向へと修正されるものです。 しかしながら、双方共に齟齬をきたしている事実に気づかず、全くかみ合わない会話が成立しているという不幸な…

ドラッグストアの500円引きポイントをいつ使うべきか

ドラッグストアで貯まった500ポイントを、500円引きとして使うタイミング。いつも悩んでます。 本日10倍DAYなんでお貯めしときまーす などと言われると、貯めないと損という気がしてきます。そんなこんなで、いつのまにやら1000ポイント以上貯まってしまいま…

トーナメントにおける運の重さ

「運も実力のうち」という言葉があります。宝くじのように運に全てを託すものは勿論、勝負事にも運はつきものです。どれだけゴールを決めてもノーカンなサッカーの試合とか、屋内施設なのにコートチェンジしても常に逆風になるバドミントンの試合とか。 そん…

場所や立ち居地で変化する「正論」の正当性

また偉そうなタイトルつけてます。僕がこういう記事書くと大抵は いつも以上に面白くない もとい 背伸びした馬鹿の頭の程度が知れる うーむ、いいフォローが思いつきません。でも突っ走ります。 昔よく駅前にいましたこういう人。

パスタを茹でる時に塩を入れるのは「儀式」か?はたまた「実益」か?

インスタントでない麺類。よほどのチャレンジャー以外は必ず茹でます。堅焼きソバは茹でたら不味そうですが。あ、でも焼きソバって「茹でる」からスタートしませんね?乾麺焼きソバとか見たこと無いですが、有るんでしょうか。お好み焼きの生食やって下痢し…

利便性の影に隠れるセキュリティの重要性

「クローズアップ現代」で、銀行のネット取引に関する話を取り上げていました。さながらATMが自宅に設置されたような錯覚が?とはいえ、その実隔離された専用回線ではなく、公衆の面前で札束広げるネット取引。まさに錯覚。当然ALSOKみたいな警備員が欠かせ…

文化と言葉のリンクで解説する、面白い英語勉強サイト

いつもお世話になってるとっても楽しくて分りやすい英語サイトです。アメリカ英語とイギリス英語の違いなど、言葉にいろいろ要素がリンクされていて面白く、ためになります。

風呂上りにトイレに入ると、すごく損した気分になります

今日はタイトル絵描く時間がありませんでした。なもんで関係ない写真です。写しといてアレですが、これ何でしょう??ネクロノミコンみたいなのが口パクパクさせながら走るんです・・・どこにあったのやら。 風呂上り最大の敵 湯船につかる人でもシャワーで…

鶏というのは「肉」なのか?

鶏というのは「肉」なのだろうか?赤肉とくらべると大分違う気がするけれど、別に魚でも野菜でもない。日本とアメリカでは大分認識が違うようです。

近所のスーパーにレジの達人が居ます

どんな業種でもプロフェッショナル、達人がいます。「こんな仕事誰がやっても同じ」っていうのは、サボってる人の言い訳だと思います。ぼくですね。極めることのすごさと難しさを痛感します。

献血に対して感じてしまう、僅かばかりの「胡散臭さ」

献血離れの理由は、本当に「よくわからない」「こわい」「時間がない」だけなのだろうか?献血という善意に対して、システムの不透明さを少しだけ感じるのは自分だけだろうか。

「若者」って言い方、上から目線なニュアンスあると思いません?

「若者」っていう言葉の使い方に、上から目線を感じます。「若い人」「青年」だと、若いなりに評価してる感が。

「ロマン」という言葉は門外漢の使う妄言だろうか? 

「ロマン」という言葉は良い所しか見ていない門外漢の使う妄言だろうか?専門家になってもその道で「ロマンがある」と言えるだろうか?

仕事のできる人と既得権益にしがみつく人

人や物の価値。絶対的に高めて世に出すか、あるいは周囲を潰して自分が最強になるか。既得権益は主に後者で作られる。

ラノベをバカにする層の心理を3パターンに分けてみた

トピック「ライトノベル」について あまり読まない方ですけど、ジャンル的には好きな部類です。カテゴリに関して興味があったので、ちょっと書いてみました。個別タイトルを語れる程ではないので、拾い上げた「よくある」と思える共通点をメインに。

「よろしくお願いします」という言葉に潜む強制力

よろしくお願いします。挨拶や社交辞令、時には謙譲の意味をこめて使いますが、そこには暗示された強制力がある気がします。

廃人視点からのMMORPGにおける「廃人」、「準廃」、「一般人」の実態

さながら準廃目線の廃人はソードアートオンライン、廃人目線の廃人はログホライズン。

目的と手段における前後関係と逆転現象

目的のために手段を選ばない?はたまた手段のために目的を選ばない?目的イコール手段か?目的と手段がひっくりかえると何が起きる?

「おおむね平常通り」は報道として許されるの?

報道において「おおむね」という曖昧な表現をしていいのか?情報精度やアナウンサーの意識といったことはどうなっているのでしょう。

雨の色って何色だろう?

雨の色は何色だろう?子供の頃のくつみや君が出会った疑問です。様々な観察や実験を行った昔話です。

Copyright © 2015 Niwatori To Tamago Jyuubako No Sumi No Tatakai

All rights reserved .

S.kutsumiya@gmail.com