読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニワトリとタマゴ 重箱の隅の戦い

重箱の隅をつつくような、どうでもよさそうな細かい話やネタ話。おもいついたら即暴走。

ベンツの花子さん

大根の煮物をよく作ります。裏の畑の大根、葉っぱ付きで1本100円~150円。残念ながらなかなかタイミングが合わないので(10時~日没位までしか売ってない)、スーパーで買うことの方が多いですが。このブログの食べ物記事の1発目も、他ならぬ大根でした。鶏胸肉じゃなかったんですね・・・

 

先日も夜な夜な大根を煮ていたのですが(ニセピザの前日です、この大根があったので2枚の写真になりました)。

下茹でが終わった時点で大問題が発覚。

 

みりんが切れている!

 

時刻は午前1時近く。こんな時間に大根煮てるとかアホですね。よくやりますけど!

そんな時の強い味方、隣の24時間営業スーパー。時間を問わず「思い立ったら即暴走」を実践するには不可欠な存在です。

夜中の買出しであれば、普通の人なら酒とツマミ、せいぜいあっても弁当と飲み物あたりだと思いますが。「みりん」だったら次の日にして寝ますよね普通。

 

でも僕は買いにいきます。

かくして、

深夜1時にみりんを1本だけ買いに行く

という、非常識な買出しに出発です。

だがそれが・・・

 

それがまさか・・・

 

あんなことになろうとは・・・

 

鼻歌混じりに出撃。

みりんの買出し

 

エレベーターを降りて駐車場を出れば、すぐに24時間スーパーに到着です。

駐車場を抜ける時、いつも目に止まる車があります。それは、

 

おベンツ

 

勿論ブルジョワマンションでも何でもない、ただの庶民派マンションです。それでも、どこのマンションでも一世帯位いますよね?無理して高級外車を誇示しているお宅。他は軽や普通のセダンばかりなので、とっても目立ちます。黒いおベンツ

おベンツ

さっき改めて見てきたら全然形違いましたが、まあおベンツということで!

 

深夜1時、当然静かです。誰もいません。交通量も少ないので足音すら迷惑かかりそうな静寂っぷり。

そんな中・・・まだ距離のある例のおベンツにふと目をやると・・・

 

あれ?

 

おベンツの中で何か動いたような?

 

まあ深夜1時だからといって、別に不審でもありませんが・・・

 

だんだんおベンツに近づいていきます。そしてフロントグラスの中を確認できる距離まで来ました。すると・・・

 

なんか助手席に座ってるんですけど!

花子さん

こんな感じで目むいた白い顔の女性(?)が、じっと僕を見ています。思いっきり目合いました。

 

ビックリした!www

 

僕の移動に合わせて頭だけ動いてます。完全にロックオンされてる模様。運転席には人の姿無し。

 

・・・こんな時間に何助手席に座ってんだよ!?

 

などと思い、驚いたものの特に気にせず、そのままスーパー直行です。

・・・みりん売り場前に差し掛かったあたりで、よくよく考えるとおかしいことに気付きます。状況考察。

 

 

今帰ってきた?

エレベーターに乗る前後、車の音など聞いてません。この説は却下。

 

これから出かける?

なぜ助手席に座ってるんでしょう。これから運転手が来る可能性は否定できませんが。これは帰りにおベンツの存在を確認すればわかる話です。

 

みりんを買ってその帰り・・・駐車場を見てみますと・・・

 

おベンツ、動いてませんでした!

 

そのままそこに有ります。助手席にも人の姿は無し。ボンネットは冷たく、今帰ってきた説が完全に否定された形です。

 

彼女は何のためにおベンツに乗っていたのだろう?気になります。重箱の隅です。今帰ってきた訳でもなく、車を出す訳でもない。それでも助手席に座っている理由・・・

 

ベンツの花子さん?

 

これだとツジツマ合いますね。庶民派マンションでおベンツがある理由も納得できます。ワケありのおベンツだった!という可能性。これなら無理せずベンツに乗れるかもしれません。

となると・・・

僕が見た物は何かマズい物だったのでしょうか・・・

ちょっと怖いですね、ベンツの花子さん。

 

ありがとうございました。

 

 

※後日談と真相(下ネタ含みます、ご注意ください。ダメな方は読まない方向でお願いします)

 

この花子さん、マンション内の他の住人にも目撃されていたらしいです。その真相ですが・・・

 

どうもそのお宅のご子息が・・・

おベンツ内に彼女を連れ込み、そのまま男女の近接格闘戦を繰り広げている

というのが真相だった模様ですwww

女性が青い顔で目むいて僕をロックオンしてた理由、それならツジツマ合いますねww

夜中にみりん買いに出歩く奴に気付いて焦ったんでしょう。せめてどこか車動かしてからやっとけとwww

 

幽霊の正体見たり・・・という奴ですね。まさに(汗)

Copyright © 2015 Niwatori To Tamago Jyuubako No Sumi No Tatakai

All rights reserved .

S.kutsumiya@gmail.com