読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニワトリとタマゴ 重箱の隅の戦い

重箱の隅をつつくような、どうでもよさそうな細かい話やネタ話。おもいついたら即暴走。

カップヌードルトムヤムクン再現実験所

ペヤングのGショックのタイミングの悪さ以来、カップ麺を食べられなくなっていましたが、トムヤムクンの話を聞いて、久々に食べてみたくなりました。

Gのトラウマを乗り越えて今再びカップラのフタをあける・・・感動も何もないですけどね!

食レポ記事ではないので、そっちの期待はしないでください。ただのバカ記事です。

カップヌードルトムヤムクン

 噂に聞いてたトムヤムクンヌードル

吉祥寺というところは、巷のイメージと違い、栄えてるのはごく駅前だけでして、

ちょっと外れると大きな畑がある

なかなかのイナカであります。野菜の無人販売所たくさんありますし、川に白鷺がいたりするレベルです。

そんな訳で、コンビニやスーパーにトレンドが流入するまでには、いくらか時間がかかります。トムヤムクンヌードルも、ようやく最近になって買えるようになった次第です。

Gショック以来、久々のカップラです。辛い系は好きなので我慢できませんでしたぬ。

 Gショックの話はこちらです

という訳で、昔のことは忘れて買ってきましたトムヤムクン。

カップヌードルトムヤムクン中身

中あけてじっくり検品してしまうくらいはゆるしてください。別に日清は悪くないですけど、安藤百福さんごめんなさい。

 

フタ止めシールに驚いた

写真とるまで気づきませんでした、このシール。

カップヌードルのフタ止めシール

フタ止めシールって書いてあります!

僕はずっと、

ビニールを開けやすくするために日清が気を利かせて裏に貼ってるシール

だと思ってました。これ剥がすと一緒にビニール破れてついてくるから。今日も残念ポイント獲得です。やったね!

 

トムヤムクンヌードル試食タイム

お湯を注いで3分で完成って、あらためて考えるとすごいですよね・・・

という訳で食べました。柑橘系が効いた香りを伴う辛さで美味しいですね。唐辛子だけや、タバスコのような酢の酸味とちがって、ちょっと新鮮でした。完食です。

カップヌードルトムヤムクン完成

はい、食レポ終わりです。

これだけ無駄な前フリ続いて2行です。感性と語意に乏しいんで限界です。でもまだ続きます。

 

カップヌードルシーフードライトを使ったトムヤムクンヌードル再現実験

はい、また残念生物がバカなこと思いつきました。いい年したおっさんが何をやっているんでしょうね。

トムヤムクンヌードルが無くなってしまった場合に備えて、再現実験をしてみます。食べた印象から、次のもので再現を試してみます。

 

まずは主役。

カップヌードルシーフードライト。198kcalでヘルシーです。

ダイエットするならカップラなんか食うな

と思うかもしれませんが、198kcalの割りにすごく食べた気がするというスグレ物です。自分が100kg>58kgに体重落とした時にもお世話になりました。今度ダイエット記事でもかこうかな・・・4年経って今62kgなので結構維持してます。

カップヌードルシーフードライト

 

次、思いついた調味料。

トムヤムクン化させる調味料

ポッカレモン100・・・柑橘系の酸味を足します。結構どばーっと入れた。

有機豆乳・・・コクを増します。すこし投入。豆乳だけに

辛そうで辛くない少し辛い人生ラー油・・・トムヤムペーストの代わり。

タバスコ・・・唐辛子と、これまた酸味のために投入。

 

ちなみに、香りの再現だけが目的なら、これが最強です。

チャーミーマジカ

チャーミーマジカの香りが、

まさしくカップヌードルトムヤムクンそのもの

すぎて笑えます。洗い物してるとトムヤムクン思い出します

しかしながら、これを入れたら食べられないので、見送りにします。

CHARMY Magica(チャーミーマジカ) スプラッシュオレンジの香り 本体 230mL

CHARMY Magica(チャーミーマジカ) スプラッシュオレンジの香り 本体 230mL

 

 

試作品完成!

ニセのカップヌードルトムヤムクン

試作1号機が完成です。いい感じに柑橘系の辛い香りが漂ってきます。結果ですが、

思ってた以上に再現できて笑えました!

酸味と辛味の感じは、かなり近いとこまでいけました。豆乳は入れすぎると別の味になりそうですが、それはそれでうまいかも?

食べるラー油は、あんまり入れすぎると

198kcalのライトの意味を全否定することになるので注意してください。

ネタ半分でやってみましたが、おもいのほか「ちょい足し」としてアリかもです。

隣が24時間スーパーだと、バカなこと思いついてもすぐ実行できます!

 

ありがとうございました。

 

Copyright © 2015 Niwatori To Tamago Jyuubako No Sumi No Tatakai

All rights reserved .

S.kutsumiya@gmail.com