読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニワトリとタマゴ 重箱の隅の戦い

重箱の隅をつつくような、どうでもよさそうな細かい話やネタ話。おもいついたら即暴走。

「落し物が戻ってくる日本」を見た

軽い持病で時々通院してまして。アタマの病気と言えば当たらずとも遠からずですが、重くないので病院からしたら僕はきっと上客です。診察時間短くて点数ガッポリ的な。そんな病院のロビーで、ひとりの患者さんが声をあげます。

「5千円札落としてる人いませんか~?」

大江戸捜査網

 椅子の上に5千円札が落ちているのを発見したようです。剥き身のお札な上、誰も気付いてないので、正直ガメても証拠が残らないと思われます。

ですがこの患者さんは、ガメるどころか持ち主を探そうと声をあげています。正直者がバカを見るなどと言われる世の中ですが、こういう光景を見るととても心が和みます。

 

ここでもし僕が

「あ、それぼくのお金だ!」

などと大嘘ぶっこいたら、その方はきっと僕にお金を渡してくれたでしょう。つまり、残念ながら誰かが嘘をつくことが可能な状況であります。

しかしながら、周囲の人は皆、

「私じゃありません」

「そこ俺座ってないっすよ」

と、老いも若きも誰も嘘をつきません。これはこれでとても素敵なことなのですが、持ち主を探している方がちょっと困り気味な様子です。すると、出口付近にいたご老人が、ロビーまで戻ってきて一言。

「私の次に呼ばれて会計してるそこの人。あの人じゃないかな?」

とアドバイス。すると、それを聞いてた別の患者さんが、

「あの人さっき、その椅子座ってるの見ました」

と目撃情報の提供。

かくして5千円札は持ち主の元に返っていき、捜査協力してくれた周囲の人皆にお礼を言って、持ち主は去っていきました。

 

まだまだ日本人、捨てたもんじゃないですね!

僕のブログ見て「こいつすげーなんじゃないのか?」と思った方いるかもしれません。どちらかと言えばなのは否定しませんが・・・ただ国粋主義者じゃないので、あくまで人や風土が好きなだけです。

日本人として改めて日本が好きになった一幕でした。

 

ありがとうございました。

Copyright © 2015 Niwatori To Tamago Jyuubako No Sumi No Tatakai

All rights reserved .

S.kutsumiya@gmail.com