読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニワトリとタマゴ 重箱の隅の戦い

重箱の隅をつつくような、どうでもよさそうな細かい話やネタ話。おもいついたら即暴走。

小腹が空いた時の友「ニセピザ」

週末電波クッキングのお時間です。

先週は「鶏はむ」をHandさんのブログで紹介して頂いたことが大きく、非常に好評となりました。多数のご閲覧ありがとうございました。 

 

この電波ブログに対して、

次回はもっとすごいのくるのか!?

などという無謀な期待をされている方はおられないと思いますが・・・もし期待を裏切ってしまったら申し訳ないとおもいつつ。

 

時として、兵器のようなすごいの来る可能性はあります。ココナッツミルクの脂料理の時のごとく。くれぐれもマネして作らないでくださいね。非常に危険です。

 

基本的に、

 

思いついたら載せるだけ

 

という超適当スタンスなので、先週初めてご覧頂いた方にはガッカリさせてしまうかもしれません。たまたま当たっただけです(汗)

すいませんすいません。

 

ギョーザの皮

 ギョーザの皮です。50枚120円位で売ってました。半年前あたりからでしょうか、このメーカの物しかどこ行っても見つからなくなりました。地域全体から他メーカが一斉に排斥された模様。何ででしょうね。

「北の将軍様」から勲章頂くほどに多額の「送金」をしている実質的な「北○鮮企業」であることは以外と認知されていないかもしれません。製品自体は美味しいと思いますけどね。

 

それはさておき、今日はこれを使ってピザを作ります。ピザトーストのノリで簡単に完成します。

 

ニセピザ材料

ギョーザの皮

あまり薄いと真っ黒になるので注意。

 

ケチャップ

ピザソースでもいいですが、高いので使ってません。

 

シュレッドチーズ

あまり分厚いと、溶ける前にギョーザの皮が焦げるかも。

 

あとはお好みでトッピング。

 

ギョーザの皮にあれこれ乗せる

3枚の方がビジュアル的に良さそうとは思ったのですが、この後大根の煮物も食べたいので2枚にしときました。

ギョーザ皮を敷く

 

ケチャップをバターナイフで均一に塗って、シュレッドチーズ&トッピング。

ピーマンと、鶏はむの切れ端を使いました。鶏はむ万能です。

ギョーザ皮にケチャップとチーズとトッピング

注意点は、なるべく端までケチャップやチーズを配置することです。

余白が多いと簡単にコゲます

 

ニセピザを焼く

ガスレンジのグリルを使いました。うちのグリルでは予熱後、中火で3分弱。

見ながら焼いた方がいいかもです。結構簡単にコゲちゃいますので。

火力や構造にもよると思いますけど、具の無い下側の方が焦げやすいかと。

 

焼き上がり!

完成です。薄いのでクリスピー感溢れるピッツァな気がしなくもありません。

カナッペと一緒にこれが並んでたら笑いがとれるかもしれません。

ギョーザだギョーザ!って(笑)

3分焼いて完成

 

本当のピッツァのように、パリパリ感ともっちり感の両立をするのは職人芸かもしれませんが。まあ、それっぽいフェイクは楽しめます。僕は結構お気に入り。昔から良く作ってます(笑)「揚げギョーザ」の皮の食感を連想するといいかもしれません。

 

なんせ1枚が小さいですから、食べたい分量の調整がとてもしやすいです。

 

ママー、ピザ食べたい!

 

とお子様からせがまれた時も、高い宅配ピザを頼むよりはるかに安価で家計にも大助かり間違いなしです。

2段重ねやサンドにするといったネタに走るバラエティに富んだアイディア次第で、作ってる最中からも楽しめます!

 

ホントカヨ・・・

 

まあ実際の所、手間もお金も掛からないですのでお勧めの一品でございます。いっそチーズをいれて揚げギョーザなんてのも美味しいかも?やってみたくなりました。

 

ありがとうございました。

Copyright © 2015 Niwatori To Tamago Jyuubako No Sumi No Tatakai

All rights reserved .

S.kutsumiya@gmail.com