読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニワトリとタマゴ 重箱の隅の戦い

重箱の隅をつつくような、どうでもよさそうな細かい話やネタ話。おもいついたら即暴走。

家庭で作れる簡単生パスタ(偽)

週末電波クッキングでございます。

本日は、どなたでも簡単に作れる「生パスタ」を使ったメニューに挑戦します。

これは僕が考えた物ではなく、知人に聞いたネタ料理です。ネットじゃ結構有名らしいです。

 よって、危険度は普段より少ないと思います。

生パスタ

 

フレッシュトマトとバジルの生パスタ

冷蔵庫にトマトと玉ねぎ、あとはバジルがあったので、これで一皿いってみます。トマトソースもいいですが、生トマト系が美味しくなる季節です。

バジルはSBの乾燥タイプ。昔、生バジルをベランダで栽培した所、全部虫の餌になりました・・・

 

材料

生トマト

1個。持ち合わせの都合。

 

玉ねぎ

1/4個。生でいくので胃腸の弱い方は少なめで。

 

オリーブオイル

お好みでどうぞ。

オリーブオイルの揚げ物料理に、油切るどころか更にオリーブオイルかけてる番組見たことあります。スペイン人のシェフでした。もこみちもビックリ。

 

少々。個人的には無しでもOK。

 

バジル

好きなだけ。高いのでケチります。

 

デュラムセモリナ粉100%の乾麺

・・・乾麺、です。超乾麺。

すいませんすいません、別にバカにしてる訳じゃないです。

干し椎茸とか昆布みたいなものだと思って頂ければ・・・幸いです。

 

実験開始

乾物を戻す

大皿に敷き詰めた乾麺です。干し椎茸のノリで水でがっつり戻します。十分に浸る量の水入れてください。

生パスタの素の乾麺

このパスタ、5Kg798円という超絶安いパスタです。メイドインチュニジア。コーエーの「大航海時代」でお馴染みチュニスです。

値段の割には美味しい気がします。

1.8mmと太目なので、1時間半ほど水没コース。1.6mmなら1時間弱くらいでOKな気がします。

 

1時間半放置して水切りした物がこちら。

・・・えらい真っ白になりました!

美白の女王、鈴木その子を思い出したの僕だけでしょうか。

真っ白になった乾麺

比較用に乾麺1本置いてあります。水吸って随分背伸びた模様です(笑)

 

はじっこの拡大写真。どことなく「生」系なビジュアル。高級感溢れてますね。実体は5kg798円だけど。

生パスタっぽくなった乾麺

 

生パスタを茹でる

本来は10分茹でるこの1.8mmパスタですが、十分に水に漬けてあるので3分程茹でれば十分でしょう。

※3ぷんで10ぷん、でなくて3分でじゅうぶん、ね!

言われなくてもそんなこと、当たり前田のクラッカー!!

生パスタを茹でる

1本だけ比較写真で使った乾麺が残ってます。切ないですね。でも3分しか茹でません。おみくじの大凶みたいなものと割り切ることにしました。

もちろん皆様はこんな馬鹿なことしないでくださいね。

 

よせ、やめるんだ!!そんな大馬鹿野郎は俺一人だけで十分だ!!

 

仲間の為に命を捨てる覚悟を決めたヒーローの台詞っぽいですが・・・

僕が口にすると本当に只の馬鹿にしか聞こえない気がします。残念。

 

 

 その他の材料を刻んで混ぜる

トマトと玉ねぎをみじん切りにし、塩とオリーブオイルを加えてよく混ぜ混ぜ。あとは茹で上がったパスタに載せるだけ!

 

完成!

生パスタが茹で上がりました。先ほどのソースをかければ完成です!

生パスタのトマト和え完成!

なんか珍しく普通系?な料理のビジュアルです。

良く見たら皿にヒビ入ってますねw

 

 

試食タイム

今回は僕の思いついたトンデモ料理じゃないので、命の危険を感じることなく食べることが可能です。スバラシイ!!

 

とりあえずパスタだけ1本取ってみます・・・

 

!?

新食感!!

・・・というほどじゃないですけどw

 

なんというか、モチモチ感!?

ちょっと高級感すら感じます。

肝心の「生パスタに近いのか?」という件に関しては・・・・・・今更ですが、

 

僕が生パスタを食べたことが無い

 

という事実があるため判定不能ですwww

 

・・・すいませんすいません、今更マジすいません。本日のテーマの核心ともいえるジャッジができません!

どなたか生パスタを知ってる方、是非試してみてください(丸投げ)

でも、安物パスタがモチモチ感溢れる食感になったことは確かです。茹ですぎてのびた感は、全くありません。 

 

もう1本試食・・・・・・すると、

 

 

超硬かったです

 

 

忘れた頃に、どうやら比較写真用の1本を引いてしまったようです・・・10分茹でる所3分でしたから。

油断大敵、人生どこに罠があるかわからない教訓を得ました。

 

1本でなく、普通に豪快に食べ始めると、モチモチ感が更にわかるような気がします。

これが生パスタの威力なのか!?

 

これからの季節、そーめんや冷麦が麺類の主役ですけれど、たまにはフレッシュな夏野菜と合わせた生パスタ(偽)も、是非ご賞味&判定してくださいませ。

 

近所のスーパーで、

 

生食用ボイルいか 

 

という正体不明の商品がある位ですから、「生」の定義は気の持ち方次第かもしれません(オイ

 

ありがとうございました。

Copyright © 2015 Niwatori To Tamago Jyuubako No Sumi No Tatakai

All rights reserved .

S.kutsumiya@gmail.com