読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニワトリとタマゴ 重箱の隅の戦い

重箱の隅をつつくような、どうでもよさそうな細かい話やネタ話。おもいついたら即暴走。

文化と言葉のリンクで解説する、面白い英語勉強サイト

英語マスター、うらやましいです。中学生から勉強しているというのに、何故こうも身につかないものか。外国人力士はみんな日本語ペラペラで尊敬します。横綱白鵬に到っては、「それは、いわゆる阿吽の呼吸」と、こんな表現までサラっと出てくるのだから脱帽です。大人のインタビュアーには「力士は・・」と言い、子供の質問には「お相撲さんはねぇ・・」と答える、この語意力。それに比べて自分の英語力の無様なことか、嘆かわしいものです。映画もゲームももっと面白くなるのにね、英語マスターなら。と夢みつつ、映画とSkyrimで英語勉強・・・できてないか。

awesomeとas-far-as

単純明快な言葉の説明「英語withLuke」

そんなわけで、いつも見てる英語解説ブログをご紹介したくなりました。有名かもですが。個人的には、どんな教科書や本を見ても、ここまで分りやすい説明を見たことがありません。運営者はアメリカとイギリスのハーフの方だそうです。英語と日本語どっちもマスターなので、直感的で実にわかりやすいです。

英語 with Luke

 

 いくつか紹介してみます。

awesomeの意味 – ネイティブが説明します | 英語 with Luke

 

Man, this new Ferrari is awesome. Its speed is amazing.
えぇ、この新しいフェラーリはメチャメチャ最高だな。驚く程速いじゃん。

That roller coaster was awesome. I’m totally psyched out.
そのジェットコースターは超ヤバかったよ!マジで興奮した!

 

これだけでawesomeの正しい使い方が分ります。英語と日本語、両方の実用的なマスターだからこそ可能な訳です。ルークさんの発音も聞けます。かっこいいですね。また、awesomeをイギリスのお年寄りが聞いたらどんな顔するのか?なんてことも説明されてますので、訪問してみてください。(できればぼくのブログ読んでからにしてくれると、うれしいです)

 

「過去分詞形」いらない言葉だと知りました

「have」と「過去分詞」を使って、何々してもらったを英語で表す | 英語 with Luke

 

過去分詞形だとか過去完了形だとか。自分が学生の頃は、現在との時系列の関係で変化する、とか何とか。毎回知識でフィルタリングしないと使えない英語です。本当のところの意味が全然わかりません。
これも実に分りやすいです。過去形は自分でやったこと、have+過去分詞は、他人に「してもらう」というニュアンス、と説明されています。

 

自分で車を修理した時には、
I repaired the car.

We had this room painted.
この部屋を塗ってもらった。

 

他人に「Repair」や「paint」をしてもらって、その結果を自分が「have」する、といったニュアンスでしょうか。(Painted)して+had(もらった)ならば、別に難しいこと考えなくても直感的にピンときます。変な知識要らないですね!

 

日本語と照らし合わせずに英語を使いたい

誰でもそう願ってると思います。でもイディオム暗記とか、必ず日本語を経由しないと、教わった英語は意味わかりません。ですので重箱の隅的脳ミソで、ちょっとイディオムを突っついてみました。

 

as far as I know
私の知る限りでは

良く聞いたイディオムです。 遠い「far」があるのに、「限り」とか言われてもピンとこないです。日本語経由じゃないと理解できません。そこで一計、このイディオムを忘れてみることに決めました。もちろんas・・・asも忘れます。

「Iがknowしてるようなfarと同程度」

ってとこでしょうか。ルー大柴もここまで酷くないでしょう、多分。すごく微妙です。この暗号を解読します。キバヤシの閃きほどには捻りません。

自分が知っている遠い所と同じくらい

さらに捻って

「自分の頭の中の一番遠くまで(探す)」

ってなる気がしません?

頭の中の一番遠くまで(探す)=自分の知る限り です。(q.e.d.)

 

英語はアクティブ思考?

自分で思っただけでありますが。「限り」のような制限を設けるネガティブとも言える言葉を、「これだけ探しまくっても」といった、無理やりアクティブな言葉に置き換えてニュアンスを汲み取ると、英語は分りやすいのかもしれません。多分イディオム覚えるより直感的な気がします。「as long as」も、longを時間と捉えると、時間的な意味での「限り」ってノリになりますね。

 

ありがとうございました。

Copyright © 2015 Niwatori To Tamago Jyuubako No Sumi No Tatakai

All rights reserved .

S.kutsumiya@gmail.com